キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

松島トモ子が語る「ライオン」襲撃!アフリカで有名人に!

ニュース

松島トモ子が語る「ライオン」襲撃!アフリカで有名人に!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

野生のエルザで有名な!ジョージ・アダムソンに会いに行った!

その後ヒョウにも咬みつかれ重傷!本当の危機が?!

昭和61年、テレビのロケでアフリカを訪ね、女優の松島トモ子は、滞在10日間のうちにライオンとヒョウに2度、襲撃されるという、現地の人間ですら驚くほどの悲劇にあった。ご当人が死を覚悟した恐怖の体験を振り返った。

松島が日本テレビ「TIME21」の取材のため、ケニアのナイロビに降り立ったのは61年1月27日のことだった。

番組の内容は、『野生のエルザ』の著書で有名になった故・ジョイ・アダムソンの夫、ジョージ・アダムソンに会いに行き、その生活ぶりを追うものでした。彼は、ナイロビから北東に約250キロ離れたコラ国立動物保護区で、動物園や個人に飼育されていたライオンなどを野生に返す仕事をしていたのです。

ナイロビに着いた翌日にはコラ地区に入り、ジョージのインタビューを行いました。彼に誘われ、スタッフと共にライオンの餌付けにも付いていったんです。

この時、松島が一瞬、一人になる状況が生まれた。

目の前にいた一番小さなライオンが可愛くて、気を取られていたら、後ろで物音がしたんです。振り向くと、大きな雌ライオンが私の方に向かってきていました。その後、頭を咥えられたまま引きずられ、ライオンの群れの方に投げ出されたようです。

彼女は頭と背中、右足太腿を負傷し、翌日、ナイロビの病院に入院した。幸い傷は浅く、全治10日の診断された。とはいえ、わずか3日で退院し、取材を再開すべく、コラ地区に戻ったというから、驚くほかない。

彼女に本当の危機が訪れるのは、その後のことでした。

ヒョウの保護区に移動しました。地区の管理を担当していたのは、ジョージの弟子筋のトニーという男性だ。3日ほど経った2月7日、ディナーに招待され、スタッフ8人ほどで彼のテントにお邪魔しました。

夕食中、トニーは“トモ子、いいものをみせてあげるよ”と言い、私を外に連れ出しました。その方向にライトを向けると、すぐ近くにヒョウがうずくまっていました。トニーはこの雌のヒョウを飼い慣らしていると自負していたらしく、私に見せたかったわけです。

ヒョウはこちらを睨みつけながら、じりじりと近づいてきます。トニーが私の手を引っ張ろうとしたその刹那、ヒョウの眼の瞳孔がキュッと絞られました。“あっ、これはやられる”と思って逃げようとしたときにはもう遅かった。ヒョウは私の首めがけて咬みついてきたのです。

首の骨が砕ける凄まじい音がし、“死んだな”と思いました。その後のことは記憶にないのですが、気が付いたらベッドに横たわっていました。首からヒューと血が噴き出していたことは覚えています。

朦朧とする意識の中で、トニーが無線を使って、医者を呼んでいるのが聞こえました。ああいうところでは、医者が飛行機で飛んできて治療を施す。いわゆるフライング・ドクターです。

しかし滑走路も何もない田舎だから、夜は飛行機が飛べないと言う。止血の応急処置的なことはしていましたが、こんなに出血がひどくて朝まで持ちこたえられるのか、ただただ絶望的な思いでいました。何とか一夜を乗り切った松島は翌朝、セスナでナイロビの病院に搬送された。

後年、エイズ関連の取材でタンザニアを訪れた時も、ホテルのフロントの人たちから、“あなた、ライオンとヒョウに咬まれた日本人でしょう”と声をかけられました。新聞で報道されたため、アフリカではちょっとした有名人になっていたそうです。

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法